経口避妊薬を飲むと太ると言うのはうそ

2020年02月22日

経口避妊薬として知られている低用量ピルは、月経周期の正常化や月経前症候群の緩和、さらにニキビ治療薬として使用されています。
よく低用量ピルを飲み始めてから太ったという意見も聞きますが、実際はどうなのでしょうか。

低用量ピルに含まれている成分は、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンです。
この二つのホルモンが同時に分泌されている時期は、排卵後から生理がくるまでの間、もしくは妊娠時となります。
そのため低用量ピルを服用すると、排卵後や生理直前の状態や妊娠した時と同じ状態にするということになります。

エストロゲンには皮下脂肪がつきやすく、女性らしい丸みのある体つきに近づける作用があるため、それが太るということに関係していると考えられています。
ただ、これほど身体に影響するほどのホルモン量が配合されていたピルというのは、一昔前の「中用量ピル」の話で、現在主流となっている低用量ピルに関しては、そういった副作用はないと言われています。

とはいえ、低用量ピルの服用でも、食欲の増進などから、太ってしまったとう方も少なくありません。
妊娠した時と同じような状態になるということは、食欲の増進とともに、むくみややすくもなるので、体重増加の原因になる可能性はあります。

経口避妊薬で太るというのは、食欲増進が鍵となっているようです。
これは食事制限によってある程度は抑えることができますから、経口避妊薬で太るのはうそということになります。

ただうそといっても、低用量とはいえピルの副作用として、食欲増進効果があるということは、事前に知った上で使用することが大切です。
食欲をセーブ仕切れずに食べてしまうと、ピルが太らないという事実がうそになってしまいます。

ピルの服用にあたっては、必ず医師や薬剤師の指示に従って、正しく行うことが大事です。